お金の勘違い【本当はお金は欲しくない!?】稼ぐためのビジネスマインド&自己啓発

お金は一つの価値でしかない

こんにちは、大矢です。

独立起業して稼ぐためのビジネスマインド 第24回目。

今回は
「お金は一つの価値でしかない」
というテーマでお話していきたいと思います。

お金=価値?

あなたは
「お金が欲しいですか?」
と聞かれたらどう答えますか?

もちろん欲しいと答えますよね。

では、どうしたらお金が手に入ると思いますか?

前回のお話でも少しお伝えしたので前回の内容を聞いてくれた方は、
おそらくこの質問に対して
「お客さんがお金を払ってもいいと思えるサービス・商品を提供して、
その対価としてお金が入ってくる」
と答えると思います。

で、今回の「お金は一つの価値でしかない」というテーマなんですが、
このお金について勘違いしがちなんですけど、
お金=価値ではないんですよ。

実は価値というのは、
人それぞれ違っています。

価値観が違うという言葉がよく使われますが、
人それぞれ色んなものに対して価値を感じていて、
その中の一つがお金というだけなんです。

先ほど、
「お客さんがお金を払ってもいいと思えるサービス・商品を提供して、
その対価としてお金が入ってくる」
ということをお伝えしましたが、

逆に言うと、あなたも
「お金を払ってもいいと思えるサービス・商品」
に対してお金を払っていますよね?

で、これからお話する概念を知ってしまえば、
今後はお金を払わずに、自分に必要なものだったりとか
欲しいものを手に入れることが出来るようになります。

欲しいもののマッチング

1つ分かりやすい例を挙げたいと思います。

これは実際にあったデザイナーさんのお話なんですが、
他人が販売している高額な商品・サービスの中の、
ある特典の部分が欲しいと思ったらしいんです。

ただメインのところは別に要らなかったんですよ。

でも、
「特典だけ下さい」
と言っても、普通はもらえないですよね。

その商品が20万円くらいの価格で、
どうにかその特典の内容が欲しいなと思ったらしいのですが、
ただ20万円払うの嫌なんですよね。

そこで彼はどうしたかというと、
まず考えたことが、

売り手としては20万円という価格に対して
その商品・サービスを販売していますよね。

つまり、その商品に20万円の価値があると感じているから
20万円で売っているわけです。

それを考えた時に、
「じゃあ自分が何か相手が欲しがるような
20万円分に相当するものを提供できれば、
その特典と交換してくれるのではないか」
と考えたらしんですよ。

その時の彼はWEBデザインの仕事が出来たので、
「WEBデザインをしていて名刺を作っています。
もしよければ名刺の作成をお手伝いしたいのですが、
その代わりその特典を頂けませんか?」
という感じでメッセージを送って提案してみたらしいんですよね。

このとき彼は、
ただ単純にこちらが出来ることを提案しただけなんですよ。

でもこちらが提案する内容を
相手が欲しいかどうか分からないじゃないですか。

ただ単に
「相手が欲しいかもしれない」
「マッチングするかもしれない」
と思ったものを提案したらしいんです。

すると、相手が何を言ってきたかというと、
「今のところ名刺には困ってません。」
「だた、ちょっとプログラムの改修だったり、
ホームページのデザインで困ってます。」
と言ってきたんです。

これは、こちらの提案した内容と、
相手が必要としていたものでミスマッチを起こしていたので、
それを相手がわざわざ修正して提案し直してくれたんですよ。

その相手も今からプログラム改修のために、
別のところにお金を払わなくてはいけないところだったんですね。

ということで、
「もしそれが出来るのであれば、交換してもいいですよ」
って逆に提案してきてくれたんです。

で、詳しい内容を聞いてみたら、
デザイナーの彼にとっては簡単に出来ることだったので、
プログラム修正やデザイン制作をやってあげたことによって、
無事に特典の部分と交換させてもらえたらしいんです。

で、この話で何を伝えたいかというと、
お金ではなくても、相手が欲しいものを知って、
なおかつそれが自分の提供できるものであれば、
そこにお金はいらないということなんですよ。

つまり物々交換という感じですよね。

ここを理解できてうまく活用することができれば
これからもっと稼いでいくことができるようになります。

多くの人がこの考え方を無視して
「お金が価値だ」と思いこんでしまっているんですよ。

お金が欲しい、と思ってしまうんですよね。

普通は
「商品買ってください」
となってしまうんですけど、

まずは、相手が本当にその商品を必要としているのかを考えてみてください。

相手が望んでいることは何か?

先ほどの例のように、ほとんどの人が単純に
「相手はこれが欲しいんじゃないか?」と思い込んで
こちらから提案したものに対してお金を貰おうとしてますよね。

そうではなく、
まずは相手が何を望んでいるのかを知ることが
一番早いんですよ。

それに対して提案すればいいだけですよね?

で、交換するものが無い人、
つまり物々交換するものが無い人が
お金という価値で支払っているだけなんですよ。

この考え方をもう少し発展させていくと、
お金に執着しないようになってくるんですよね。

逆にお金にフォーカスする人は失敗するようになります。

というのも、例えば、アフィリエイトというものがありますよね。

独立起業しても稼げない人は、
お金さえ払えば紹介してもらえると
単純に思ってしまうんですよ。

ですが、例えば、明らかに詐欺商品のものを
「あなたのブログでアフィリエイトしてください!」
と言われたら、どう思いますか?

普通だったら関わりたくないですよね。

明らかに詐欺だったら、絶対やらないですよね?

そもそも詐欺じゃなくても、全く知らない人からいきなり
「お願いします」
と言われてもやらないですよね。

なぜかというと、
自分のお客さんに迷惑が掛かってしまうかもしれないからですよね。

アフィリエイトというのは、
紹介マーケティングなので、商品を紹介するわけですよね。

お金だけにフォーカスしてる人というのは、
「お金を払えば紹介してくれるんでしょ」
という発想だから稼げないんですよ。

そうではなく、
お金以外のところが、かなり大きく影響してるんですよ。

アフィリエイターは自分のお客さんに対して
「こういうものを紹介して迷惑が掛からないかな」
という不安を抱えていたりします。

仮にアフィリエイトでその商品を紹介することによって、
その時は報酬を得ることはできても、
今後、買ってもらえないということが起こってしまう可能性もあるんですよ。

要は、その一つの商品を紹介することによって、
たしかに報酬はもらえるかもしれないですが、

もしヒドい商品であれば、
逆に今まで温めてきた大切な見込み客が
どんどん離れていってしまうこともあり得るんですよ。

現代では一人の見込み客を集めるのに
平均1,000円とか2,000円かかると言われている時代です。

そういうことも知らずに、
「お願いすればアフィリエイトしてくれるんでしょ」
で、
「なんであの人はアフィリエイトしてくれないんだよ」
となると、そもそもビジネスがおかしくなっていくんですよね。

なので、
お金というのはビジネスの中の一つの価値でしかない
ということを覚えておいて欲しいと思います。

ブランド品の価値とは?

これはお金ではなく商品にも同じことが言えます。

商品を提供したらお金がもらえる、
というのはそもそもおかしな考え方なんですよ。

先ほどはお金だけが価値ではないというお話をしましたが、
逆に言うと商品だけが価値でもないんですよ。

お金をもらって、
ただ単にその商品だけ渡して価値を提供したかというと
そうではないですよね。

その、周りにあるサービスも価値の1つですよね。

袋とかパッケージもそうじゃないですか。

その後のサポート体制もそうじゃないですか。

全部が価値なんですよね。

特に、ブランド品というのものが最たる例で、
ブランドというのは、目に見えないものじゃないですか。

でもそこに対して、
価値を感じてお金払っている人もいますよね?

つまり商品単体ではないんですよ。

なので、商品やお金というのは、もちろん価値の1つではあるんですけど、
一つの価値でしかないんですよね。

この概念を分かっておくと
自然と収入が上がっていって、
別にお金をもらう必要も払う必要もなくなります。

例えば自分が
お金以外のものに価値を感じていて
お金以外のものを望んでいるとしますよね。

であれば、お金以外のもので
物々交換してもらってもいいですよね。

まずは
相手が望んでるものを聞いて、
それを提供する。

仮に、相手の望んでいるものが物々交換出来ないようなものであれば、
お金で価値を支払ってもらえるということなんですよね。

あなたは今までこういった発想をしたことがありましたか?

結局は何に対してお金を払うのか

これからはまず
価値というところにフォーカスを置いてみてください。

そうすると、ビジネスをする上で、いろんな面で稼ぐことができるようになりますし
人生観も変わってくるはずです。

以前に
「自分の憧れの人には、身銭を切って食事代やカフェ代などを払いましょう」
というお話をしたと思うのですが、
(参照:【人脈は役に立たない】独立起業して稼ぐためのビジネスマインド18.

それは、食事やカフェにお金を払うというイメージではなく、
その人の時間だったりとか、その人に対する敬意だったり、もしくはその人が発する情報に対して
お金を払ってるという価値を感じてるわけですよね。

なので、
価値がどこにあるのかということを考えれば、
別にお金はいらないんです。

相手が困ってるものを知ることができれば、
お金以外のもので価値提供することが出来るんですよ。

例えば、
相手がパソコンが苦手で、
パソコン操作に困っているとします。

であれば、その人は
どこかパソコン教室にお金を払わなくてはいけないですよね。

パソコンのセッティングだったり、
プログラムに何か不備があれば
プログラム会社に依頼して直してもらわないといけないですよね。

でもその内容を聞いて、
あなたが出来ることであれば、
やってあげることでタダで済みますよね。

相手はすごい困っていて、
お金を払ってでも解決したいことがあるとして

もしあなたがそこで、
お金を貰わずにタダでやってあげれば信頼が構築できますよね。

ここを抑えてしまえば、
相手に感謝されて信頼構築もできるということなんですよ。

全て積み重ねなんですよね。

逆にお金で解決してしまうと、
そういった信頼は生まれずに、
ただのお客さんという関係で終わってしまいますよね。

単にお金の関係になってしまいますよね。

ですが、それでは価格の安いライバルが出てきたら、
そっちになびいて行ってしまうだけなんですよね。

そうすると、信頼が構築できないじゃないですか。

お金じゃなくて
相手が価値と感じるものに対して提供し続ける、
ということがポイントなんですよ。

価値がないものを提供してもしょうがないじゃないですか。

しっかりと価値という意味を分かっておくと、
いづれお金は入って来る。

なぜなら、
お金は一つの価値でしかないからです。

このマインドセットを忘れなければ、
どんどん収入が上がっていくようになります。

ぜひ参考にしてください。

それでは今回のお話はここまでになります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました