稼げる人の成功思考【変わりたいならパクる】稼ぐためのビジネスマインド&自己啓発 3

【パクることは悪いこと?】

稼げる人の成功思考【変わりたいならパクる】稼ぐためのビジネスマインド&自己啓発

こんにちは、大矢です。

独立起業して稼ぐためのビジネスマインド 第3回目。

今回は
「成功者をマネしろ」
というテーマでお話していきたいと思います。

この人だ!

この【成功者をマネしろ】というものなんですが、
これは一人の成功者を徹底的に真似るという意味で
どんなビジネスでも通用するお話です。

今回は、英語を学びたい場合を例にとってみます。

実は言語というのはいろんな人、たくさんの人に習うと、
話せるスピードってすごく遅くなってしまうんですよ。

では、どうすれば早く話せるのかというと、
学ぶ人をまず1人決めます。

そして、1人だけ決めたら、その人からまずは徹底的に英語を聞くんです。

ちなみに言語というのは
10回聞くと1回話せるようになるイメージなんです。

では、何で1人の人に決めるのがいいのか・・・?

言語というのは同じ言葉でも言い回しってありますよね。

日本語でもありますが、
いろんな言い方ができるじゃないですか。

でも1人って決めたら、
必ず人っていうのは口癖っていうのがあるので、
毎回毎回、同じ言い回しだったり、
同じ話し方をするので早く覚えれるんですよね。

例えば、同じ言葉を10人の人から習ったとして、
同じ意味を習ったとしても10通りの言い方をされてしまったら、
全然覚えられないですよね。

ただこれが1人って決めて、
その人が毎回毎回言ってる口癖だったりとか言い回しだったりとか
単語をずーっと聞いて覚えることによって、

自分が10回聞いたら
1回言えるという状態に早く持っていけるんです。

なので、その分野で早く成功したければ
その分野で「この人だ!」という人物を1人決めて
徹底的に真似るということが重要になってきます。

ちなみに分野ごとでいいんですよ。

必ず1人の先生がイイというわけではなくて
その分野では1人の先生に決めて
まずその人を徹底的に真似るというのが早く成長する秘訣ですね。

なので、そうなると先生の選び方が重要になってきます。

3年後の自分を目安に

ポイントは前回のブログでもお話した3年後ですね。

まずは自分が3年後に
「こういう風になりたいな」
っていう人を見つけなくてはいけないんですよ。

遠すぎても駄目なんですよね。

例えば、
100億円企業の社長から習った方がいいのかっていう話になるのと、
1,000億円企業の社長から習った方がいいのかってなると、
そもそもそれって一生かけて1,000億円稼げるのかっていう話になってくるんですよね。

そうすると、ちょっと遠すぎちゃいますよね。

あまりピンとこないし全然規模も違います。

独立したばっかりで、今月や来月の売上が立つかわからない人と、
1,000億円企業の社長ではやってるゲームも違いますし環境が違いすぎるんですよね。

そうではなくて、まずは3年後にこういう風になってたいなっていう人を決めます。

売上げでもいいですし、
その人のライフスタイルでもいいですし、
なんでもいいので理想の3年後を決めて、
この人に近づきたいなっていうのを、まず一人決めるんですよね。

それを実現してそうな人をまず決めるんですよ。

で、その人に決めたら、徹底的にマネます。

喋り方だったりとか、
その人がメルマガ書いていたら、
メルマガの書き方、文章の書き方、癖、全部マネするのです。

極論を言うと髪型までマネします。

要は、成功者は何かしら意味があるからそのスタイルなんですよね。

もし仮にあなたが、その人のやっていることが間違っていると感じたとしても
その人が今やっていることであれば間違ってる間違ってない関係なくマネします。

単純に言うと
上手くいっていないあなたが間違っていて
上手くいっているその人が正しい
という考え方もできるわけです。

もちろん違法的なことは駄目ですよ。

モラルに反するものとか、そういうものは駄目なんです。

でも何かしら意味があったとしたら、その人のことを全てマネるんですね。

実際に3年後のなりたい自分にその人はすでに成っていて
現実に叶えているわけじゃないですか。

ということは、
その人を今から先取りしてマネしていけばいいだけなんですよ。

洋服でもいいですし、持ってる物でもいいです。

どんどんどんどんマネできるところから夢を先取りしていきます。

例えば、3年後の自分は、こういう髪型してるとか。

そういうのがもうイメージつくのであれば、
その髪型を先取りするでもいいいですし、
それがまだイメージつかないのであれば、
その先生がやってる仕草を真似するでもいいです。

文章とかも同じような形で、
例えば、文字数だったりとか、改行だとか、
枠スペース、全てをマネします。

稼げない人のマインド

日本人でうまくいかない人というのは、
「ものまねしちゃいけない」
とか
「パクったらいけない」
という考えが根付いていると思うんですね。

おそらく多くの人はそうやって教育されてきましたよね。

自分らしさとかオリジナルを
尊重するような育て方をされてきたんじゃないかなと思います。

だからほとんどの人がマネしたらいけないと思っちゃうんですよ。

でもそれって考え方としては間違っているんですよね。

ビジネスの世界で「守破離」っていうのがあるんですけど、
これは先生の教えを守るところから始まって、それを破って、離れて・・・
という順番なんですけど、要は業界でトップになってから
初めてオリジナルを入れてけばいいんですよ。

でも、ほとんどの人が
初めからオリジナルを入れちゃうんですよね。

どうしてもそうしたくなちゃうんですよ。

そして儲かってない時から
オリジナルを入れちゃうんです。

ですが、儲かってない人がオリジナル入れても
儲かる確率なんかほとんどないんですよね。

でも多くの人が
「オリジナル、オリジナル」
ってやっちゃうんです。

「独自性」とか言うんですけど
それは儲かってから、業界トップになってから
やればいい話なんです。

それまでは先生の教えを
100%マネしていればいいだけなんですよ。

なぜかというと、
もうその人は現時点で自分の理想の3年後にいるわけじゃないですか。

そこに行きたいのであれば単純に、
その先生を全てマネすれば良いだけなんですよ。

「独自性」「差別化」っていうことで、
最初から違わないといけないんじゃないかっていう風に考えがちなんですけど、
上手く行ってるところをマネした方が、効率的ですし早いんですよね。

なので最初の儲かってもない段階から
オリジナルとか、差別化とか言うのではなくて、
まずは上手くいってる人、そして3年後の目標としている人を
徹底的にマネるってことなんですよ。

喋り方、口癖、髪型までマネできるところは全部ですよ。

もうこの人になりたいっていう人をまず1人決めたら、
徹底的にもう100%マネっこするんですよ。

成功している人はここが違うんです。

当たり前の話ですよね。

何しろその人のマネをしてるわけですから。

僕のメンターもコンサルティングしている人全員に言ってるんですよ。

「僕の話してることは、もう全てどんどんどんどん、自分のことのように話していいですよ」
って言ってるんですよね。

なぜかというと
その人もそうやって教えられてマネをしてきたわけですよね。

例えば、その人が生まれた瞬間から、
その知識を持っていたわけではないんですよ。

というのも、
実はオリジナルの情報なんて一つも世の中にはないんですよね。

必ず誰かの焼き回しだったり、
誰かが言ってきたものを自分の中で解釈して
自分の発言として言い変えてるわけですよ。

なので、多くの人が発しているメッセージも
完全なオリジナルというのは一つもないんですよね。

必ず教えてもらった情報を自分の中で解釈して実践して、
それで成果の出たものをオリジナル化して話てるので、
そういうものをどんどんどんどん自分の情報として話してもらいたいと思います。

そうすると成長もホント早いです。

上手くいった方法を伝えてるだけなので。

これが初めからオリジナルで自分でやっちゃうと上手くいきません。

上手くいったかどうかわからないような
未知数の情報でやろうとするから上手くいかないんですよ。

オリジナルは失敗する

例えば、梯子(はしご)があるじゃないですか。

梯子があって、上に登っていくとしますよね。

その梯子を登っていったらゴールがあるとします。

でもオリジナルで初めからやるっていうのは、
たとえ梯子があってその上に行ったとしても
ゴールがあるかも分からないような状態で登ってこうとすることと同じなんですよ。

でも、先生が一回登った梯子だったら、
上にゴールがあるよ、続きの梯子が次にあるよ
っていうのが分かってる状態で登るわけじゃないですか。

だからうまくいくだけなんですよ。

うまくいくしかないんですよ。

これが先生をつけないで登ってしまったら、
例えば、上に続きの梯子がなかったら、
わざわざまた戻って来なくちゃいけないですよね。

で、下手したら途中で倒れる危険性だってあるわけじゃないですか。

だから先生に習う、
そして3年後の目標としてる人に習うというのが一番早いんですよね。

では、なぜ 1 人なのかというと、これは冒頭でもお話しましたが、
分野が変われば違う先生でもいいのですが、
一つの分野でいろんな先生をつけてしまうと、
言葉と同じで教え方がやっぱり違うんですよね。

解釈も違うんですよね。

どっちを信じていいのか分からないということになってしまうんですよ。

そうすると迷う時間も出てきてしまいますよね。

なので、1人の成功者を決めたら、
もう徹底的にその自分の目指している所までに行くまでは、
その成功者をマネしてください。

そこで自分が目標達成したら
次の先生を探すでもいいですし、
先生を変えていけばいいんですよね。

ただただもうひたすら徹底的にマネるというのが
今回のマインドセットになります。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは今回のお話はここまでになります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました