無駄なことしてない?【「100%」は詐欺】稼ぐためのビジネスマインド&自己啓発

【一点集中フォーカス】

無駄なことしてない?【「100%」は詐欺】稼ぐためのビジネスマインド&自己啓発

こんにちは、大矢です。

独立起業して稼ぐためのビジネスマインド 第4回目

今回は
「一点集中フォーカス」というテーマでお話していきたいと思います。

みんなどうでもいいことをやっている

この「一点集中フォーカス」ということなんですが、
これは特に起業してビジネスを立ち上げたばかりの人は注意しなくてはいけません。

それはなぜか・・・

起業の時というのは特に色んなことをやらなくてはいけませんよね。

ですが、実は本当に大切なものというのは一個や二個しかないんです。

核となるものっていうのは限られているんですよ。

しかも意外に思うかもしれませんが、
残りのどうでもいいことを結構やってるんですよね。

一番ダメなケースは、
起業したときにいろんなビジネスに手を出すことなんです。

おいしい儲け話がこっちからも入ってきた、あっちからも入ってきた、
この商品もいいんじゃないかって言って飛びつく人がいるんですよね。

例えば、
世界ではもうすでに有名になっているけど、
まだ日本には来てない話とか。

そういうおいしい話が来た時に色んなものに手を出す人がいるんですが、
それは絶対上手くいきません。

断言できます。

なので、
まずは自分が今までやってきた経験をベースにして、
それに一点集中し、そこに100%注力するっていうのがうまくいく方法なんです。

ここでフォーカスがブレてしまって、
色んなおいしい話に目を向ける人は絶対うまくいきません。

なぜかというと、1つに集中してる期間が違ってくるからなんですよ。

どういうことかというと、
例えば、同じ商品を売ってるライバルが何人かいるとします。

そして、その中の1つのライバルが10個のビジネスをやってるとしますよね。

で、違うライバルは1個のビジネスをやってるとします。

その1つのビジネスだけに特化してるということです。

でも、もちろんみんな24時間365日という時間は一緒です。

となると、同じような環境にあって同じようなスタッフの数だったとしたら、
どちらが成功するかという話になりませんか?

つまり10個やってる人っていうのは、
10個に意識を向けなくてはいけない。

ということは、販売している10個の商品があったら、
10個のそれぞれのお客さんの現実があるので、
それらを理解するのに頭の中がゴチャゴチャしてしまいますよね。

でも、1個しかやってない社長さんは
その1つの商品のことだけを考えて、
そのお客さんのことだけを考えればいいので
集中できる期間や時間が全然変わってきます。

なので特に起業して独立したての時は、
絶対に一点だけにする必要があるんです。

答えはお客さんが持っている

コンサルティングをやってると色んな業種の人に会うので、なんとなく
「いいなぁ」
って思ってしまうビジネスと出会う時があります。

でも絶対手は出しません。

なぜ手を出さないかというと、
それは自信がないとかそういう問題ではないんです。

そもそも、
ビジネスというのは本当の答えというのは存在せず、
お客さんが答えを持っているものなんですよ。

それは当然おいしい商品やおいしいビジネスも同じです。

ときどき
「コンサルティングというのは100%なの?」
と勘違いする方がいますが、そうではありません。

コンサルティングというのは、
「答え」を知ってるわけではないんです。

「うまくいく形」を知ってるだけなんですね。

本当の答えというのは、
そのクライアントさんしか知らないんですよ。

というのも、
自分の商品を一番知ってるのってのはそのクライアントさんですよね。

普通に考えて、
コンサルタントはその人の商品を詳しく知らないですよね。

なので、
商品もお客さんもライバルのことも
一番よく知ってるのはその本人なんですよ。

それを体系立ててあげて、
形や流れを教えたりするのがコンサルタントなだけなんです。

情報をまとめあげる役割なのがコンサルタントってだけなんです。

「おいしいビジネスがあるなぁ、じゃあ自分もやろう」
と思って始めたところで、

「商品のことも知らない」

「お客さんのことも知らない」

「ライバルのことも知らない」

そんなところに裸一貫で入ったとしても上手くわけがないんですよね。

フラフラ~っとコンサルティングをやって、
「あのビジネスいいなぁ」
と思って、またフラフラ~っと行ってしまう人が時々いるのですが、
そういった方たちは絶対上手くいきません。

そのくらい「片手間」でやれるほど
ビジネスは甘くないということです。

なので僕は、
「自分のビジネスはこれだ!」
って決めたらそこから出ないことにしています。

「自分の市場はこれだ!」
「この見込み客しか狙わない!」

こう決めたらそこから出ないんです。

つまり、一点集中してフォーカスをブラしたらいけないんですよ。

ジャパネットタカタとヤマダ電機

例えば、
ジャパネットタカタってテレビショッピングで家電製品を売っていますよね。

ですが、そこでうまくいったからって、
ヤマダ電機のように実店舗を持ったりしてないですよね。

でも商品はヤマダ電機と同じものを売っています。

つまりこれは
同じ商品を売ってるけど「市場」が違うんですよ。

お客さん自体が違うってことなんです。

価格も実はヤマダ電機に比べてジャパネットタカタの方が高いんですよ。

でもジャパネットタカタって売れてますよね。

ということは市場が違ったら
価格なんて意識する必要がないということです。

そもそもお客さんが違うので。

例えば楽天とかAmazonも先ほどの例と同じですが、
楽天よりAmazonの方が価格帯が高いんですよ。

転売をやってる方は、
Amazonも楽天もyahoo!もって色んなところで調べますが、
そもそも楽天ユーザーというのは楽天しか見ないので比較すらしないんです。

なので自分が戦ってる市場はここだって決めたら、
もうそこから出てはいけないんです。

上手くいってる方法は徹底的に続けるってことなんですよね。

上手くいかないようならすぐに辞めるべきなのですが、
上手くいってる方法は上手くいかなくなるまで続けるべきなんです。

一点に集中して自分が上手くいった方法を見つけたら、
それにフォーカスして一点集中で突破するんですよ。

何度も何度も何度も叩く

「水の一滴、岩をも砕く」
「涓滴岩を穿つ(けんてきいわをうがつ)」
という言葉があるんですが、

洞窟とかに行くと水が、水滴がポンポンポンポン
垂れているのを見たことがあるかと思います。

水なんていうのは、触ったら無くなってしまうようなものなのですが、
あんな弱いものでも一点集中して同じ所を叩き続けることによって、
岩をも砕いてしまうんです。

ですが、これが仮に水一滴ではなくて「雨」だとします。

大きさ的にも水滴と似たようなものです。

これが色んなところバチャバチャバチャバチャ降ってますよね。

でもアスファルト砕いたかというと砕いていません。

例えば、40日間の雨が降り続けたとします。

もちろん土砂崩れやそういった災害はありますが、
では、その辺のアスファルトを砕いて壊したかというと
壊していないですよね。

それはなぜかというと力が分散してるからなんです。

でもこれが同じ所に何度も水滴がトントントントン垂れることによって、
岩をも砕いて穴が開いてしまうんですよね。

あんなに弱いものであっても
繰り返し叩くことによって穴が開きますよね。

この考え方はビジネスでも同じなんです。

要するに一発一中で当たるビジネスなんて存在しないんですよ。

ビジネスというのは
何回も改善したり繰り返し行うことによって、
精度を上げていくものなんです。

要するに、一回でうまくいくことなんてないので、
同じ所を何度も何度も何度も叩いて、そして改善して、
繰り返し繰り返しやっていくから、
そのビジネスで成果が出るだけなんですよ。

やっていけばやっていくほど、もちろん精度は高くなりますが、
でも独立起業したての時なんかは分からないですよね?

「100%」は詐欺

ときどき、何かをやろうとしたときに、
「これは100%成功するんですか?」
「保証はあるんですか?」
と聞く方がいます。

そういう人は絶対うまくいきません。

そういったものを求める人は
絶対詐欺に遭うんですよ。

世の中には100%のものなんて絶対ないので、
それを求めるということはもう詐欺に遭うしかないんです。

それを断言して言える人というのは詐欺以外ないんですよ。

宝くじでさえ100%当たらないじゃないですか?

絶対どんなものでも100%というものはあり得ないんですよね。

なので、
「これは上手くいくんですか?」
「これは絶対上手くいく保証はあるんですか?」
とか、そういうことを言う人は
騙される確率が高いってことなんですよ。

ビジネス以外でも全てのことに通ずることなのですが、
どんなにすごい人でも百発百中当てるなんてものは
ないんだよってことなんですよね。

それは先ほどの岩の話と同じで
水滴をトントントントンやるように、
改善改善改善改善して砕いていく。

このマインドセットを忘れてはいけません。

まずは一点集中してフォーカスをぶらさない。

雨のように、あちこちに降らせてはいけない
ってことなんです。

結局はお客さんに迷惑がかかる

軌道に乗ってくれば
「リスク分散」という話に変わってくるので、
またちょっと考え方が変わってくるんですが、

独立起業したての時には
一点集中でなくてはいけません。

特にこの独立起業したときには周りは競合だらけなんですよ。

周りのライバルは自分より先駆者ですよね。

ということはお客さんも抱えてるし、
その業界のことも熟知してるし、
商品もグレードアップしているわけなんです。

そんなところに自分が裸一貫で行くわけですよね。

これからそこで戦わなくてはいけないんですよ。

そんな時に相手は一点集中してて、
そんな精度も高くなってるところなのに、
自分はフォーカスがブレブレの状態で入っていったら
勝てるわけがないんですよね。

それなら自分は一点集中して
たとえ何もない状態でいっても、
そこに24時間365日思考を凝らしていれば
勝てる可能性が出てきますよね。

なので特に独立起業したときには、
この考え方を忘れてはいけないということです。

独立起業するとどうしても夢が広がってしまうので
あれもこれもとうまい話が出てきてしまうと思うんですが、
ただやっぱり、1個うまくいってない人が
2個目3個目って広がっていくわけがありません。

そして一番迷惑をかけてしまうのが、
お客さんなんですよね。

例えば、自分がビジネスを続けることができなかったら、
お客さんに迷惑をかけてしまうんですよ。

仮に売り切りのものであればまだ良い方なのですが、
例えばこれが継続性のある商品でたくさんの方が購入しているのに
あなたが途中でいなくなってしまったら
そのお客さんたちが困っちゃいますよね。

なのでお客さんの未来を守るためにも、
自分のビジネスを潰してはいけないんですよね。

そのためには、
一点集中しフォーカスをぶらさないってが大切なんですよ。

ですので、
このマインドセットは忘れずに守ってください。

それでは今回のお話はここまでになります。

最後までご視聴いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました