自己啓発

自己啓発

イライラしてませんか??

例えば渋滞が発生しているとき、 脇道から車が入ろうとした時に道を譲る車には 高級車が多いことが明らかになっているのです。 そしてさらに、 その道を譲った方たちの追跡調査を続けていくと、 その人たちの行動パターンが見えてきたと言います。
自己啓発

10000時間の法則と睡眠

もし、今のあなたの状況が 芳しくないと感じているのなら、 逆転して理想的な素晴らしい人生を送るために、 仕事を趣味と置き換えることができるくらい 没頭して学び続けたいと思える分野を 作ることが大切になってきます。
自己啓発

タイム・イズ・マネーの「嘘」!?

昔はよく「時は金なり」と言ったり タイムイズマネーという言葉がありましたが 最近では「時間は命」 タイムイズライフと言う方が増えてきています。 お金は取り返せますが 時間は取り返すことができません。
自己啓発

情報化社会の罠 【脱出編】

自分に必要かも分からないような情報など、 なんでもかんでも得ようとしています。 それではどんどん悪い情報を引き寄せてしまいます。 まず、無作為に情報を入手するのはやめて、 悪い情報をシャットアウトするようにしましょう。
自己啓発

情報化社会はヘンゼルとグレーテル

いきなりですが、 あなたはヘンゼルとグレーテルというお話はご存知ですか? 有名なグリム童話です。 僕は情報化社会について人に話すときは、 童話のヘンゼルとグレーテルの話に例えてお話しています。 ヘンゼルとグレーテルという2人の兄妹が 継母から城を追い出されるところから始まる物語。
自己啓発

情報化社会の罠

2015年の時点で世の中の情報量が 過去10年の532倍 になったという報告があります。 現在、1日で約7,000冊以上の本が 出版されていると言われています。 (電子書籍を含む)
自己啓発

心の歌~こころのチキンスープより~

昔、あるところにとてもすばらしい男がいました。そして、夢に描いていた女性と出会い結婚しました。やがて、愛の結晶として、二人にかわいい女の子が授けられました。この子は明るく利発は女の子になりました。父親はこの娘をどんなに深く愛していたことでしょう。
自己啓発

現代の矛盾

この時代に生きる 私たちの矛盾 ビルは高くなったが 人の気は短くなり 高速道路は広くなったが 視野は狭くなり お金は使っているが 得るものはなく たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている
自己啓発

「ダイヤモンドの土地」

100年ほど昔に、アメリカのテンプル大学創設者 ラッセル・コンウェルという博士がいました。 彼はテンプル大学を建てるための費用を集めるため、 全米で6000回以上公演を行なっていたそうです。 その演説の中で話した「ダイヤモンドの土地」というお話があります。
自己啓発

35歳は人生の半分!?

つまり、50歳の人にとっての10年間は、5歳の人にとっての一年間にあたり、 5歳の人にとっての一日は、50歳の人にとっての10日にあたることとなります。 なので年齢と共に 時間が過ぎていくのが早く感じるといいます。
タイトルとURLをコピーしました