人を惹きつける文章

コピーライティング

こんにちは
大矢祥一(おおやしょういち)です。

 

あなたは
コピーライティング
という言葉を聞いたことがありますか?

 

「当然聞いたことある」
という人もいれば、

 

中には、
「そんな言葉は初めて聞いた」
という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、コピーライティング(文章力)の大切さについて
少しお話したいと思います。

 

このコピーライティングに関しては、
今後、もっともっと深くお話していこうと思っていますので、
楽しみにしていてください。

 

コピーライティングというスキルは、
話すスキルや、相手を説得するスキルにも直結
してきます。

 

全てのことに派生してくる
とても重要なスキルになります。

 

物語を書くスキルもコピーライティングですし、
メールを書くスキルもコピーライティングです。

 

もちろん僕が書いているこのブログやメルマガも
コピーライティングのスキルです。

 

相手に物事を伝えることができる
とても大切なスキルになります。

 

このコピーライティングのスキルは
当然マーケティングの世界でも
かなり重要視されています。

 

たとえ売っている作品の質が悪くても、
コピーライティングのスキルさえあれば
どんどん売れてしまいます。

 

バナナの皮さえも売れてしまう
恐ろしいスキルなのです。

 

逆にどんなに良い作品でも
コピーライティングのスキルが全くなければ
売れることはありません。

 

例えば、あなたの制作した作品の価値が
「100」あったとします。

 

しかし、文章力が下手で、
相手には「30」の価値しか伝わらなかったとします。

 

すると、お客さんにとって
あなたの作品は「30」の価値しかない
と判断されてしまいます。

 

逆に「20」の価値しかない、いい加減な作品でも、
90の価値があるようにお客さんに伝えることができれば、
お客さんにとっての価値は「90」になってしまうのです。

 

今までの時代でメインだった
オフライン(店頭)販売では、
実際にお客さんは、手に取って確認できました。

 

ですが、現代の普及しきった
インターネット上のオンラインショップで
これは致命的とも言えます。

 

しかも、価値がないものを買わされるということは
お客さんにとっても不幸なことですし、
世の中的にも決して良いことではありません。

 

こうならないためにも、
あなたはコピーライティングを学ぶべきなのです。

 

良質なものを提供していくというのは
もちろん大前提であって当然のことです。

 

ですが、これからはコピーライティングの力が
どんどん必要になってきます。

 

むしろ、このスキルがなければ
ビジネスでは勝ち残れない
と言ってもいいです。

 

「でも大矢さん、最近はインスタやyoutubeの時代だから
文章なんて書けなくてもいいんじゃないの?」
という意見があるかと思います。

 

しかし、全ての根底にコピーライティングが存在します。

 

例えば、インスタグラムの場合、
ただ写真だけを載せただけで文字が全くなかったとしたら
見ている側へ完全に想いは伝わらないですよね?

 

そして実は、YouTubeで喋ることも
コピーライティング力による、
「パブリックスピーキング」
というスキルに基づくものです。

 

そのほか今世の中にある
映画も、
アニメも、
漫画も、
会社のプレゼンも、
広告も、
セミナーも、
政治も、
大統領選挙も、

 

全てコピーライティングで成り立っています。

 

これらには全て“台本”というものが存在するからです。

 

もし今のあなたが、

「自分の想いを伝えることが苦手」
「文章を書くことが苦手」
「どうやって文章を作っていいのか分からない」

と思っていたり、感じているのであれば、
ぜひ、コピーライティングを学んでみてください。

 

【追伸】
ちなみに、あなたが過去に見たことのある、

読書感想文のような作文だったり、
国語の教科書に載っているような文章だったり、
会社のメールで使っているような堅苦しい文面、

といったような、いわゆる文学的表現の文章は
コピーライティングではないので安心してください。

 

誰もこれらのような、
固くてつまらない文章は読みたくないですよね?

 

コピーライティングというものは
様々な要素が絡み合っています。

 

そして第一に、
必ず相手の感情を呼び起こすもの
でなくてはなりません。

 

これから文章を書くことに関しては少しずつ話していくので
楽しみにしていてほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました