ハンドメイドマーケットを利用しているあなたへ

ECモール
こんにちは
大矢祥一(おおやしょういち)です。

 

今このブログを読んでいるあなたは、
為替取引(FX)というものを知っていますか?

 

簡単に言うと
「通貨を交換・売買し、利益を目指す投資」
をすることです。
(詳しい説明はここでは割愛します。)

 

この為替の値動きというのは、
誰かが設定しているわけでもなく、
国が決定しているわけでもありません。

 

ただ、人の感情によって動いているのです。

 

金融の世界には
「ヘッジファンド」というものがあります。

 

個人投資家や企業のお金を、
手数料をもらう代わりに
運用していく機関投資家です。

 

その運用先は債券、株、為替、不動産と様々で、
国外、国内に数多く存在します。

 

このヘッジファンドというのは、
当然、個人投資家に比べて資金力がありますので、
市場にも大きな影響を与えることができます。

 

仮に為替市場全体の資金を「100」とした場合に
個人投資家の資金力が「1」や「2」、
そこそこのお金持ちで「5」程度の資金力があるとします。

 

それに対してヘッジファンドの資金力は、
「20」や「30」、大きいヘッジファンドで、
「40」や「50」の資金力があるところもあります。

 

もし、ヘッジファンドの資金が、
為替(FX)の世界へ大きく介入してくると、
どのような影響があるのか。。。

 

例えば個人投資家の多くが、
アメリカの通貨の「ドル」を買っていたとします。

 

「円安ドル高」の流れになっている中で、
そこに資金力のあるヘッジファンドが
ドルを一気に売ったとしたらどうなるでしょう。

 

そうなるとドルの価値は一気に下がり、
「円高ドル安」へ流れが変わります。

 

「ドル」を買っていた個人投資家の小さな資金力では
この流れに逆らうことはできません。

 

しょうがなくヘッジファンドの流れに任せて、
持っていた「ドル」を売り出します。

 

そしてこの考え方は、
僕たちハンドメイド作品を販売している物販などの市場でも
非常に似ているところがあります。

 

例えば、あなたの制作したハンドメイド作品を
ECショッピングモールの楽天で販売していたとしましょう。

 

楽天がヘッジファンドだとすると、
楽天で出品している多くのお店たちが
個人投資家と考えると分かりやすいです。

 

あなたもその個人投資家の中の一つとします。

 

そんな中で急に楽天側が、
毎月の手数料を大幅に値上げする
と言ってきたらどうでしょうか?

 

出店している一人一人の力ではどうしようもできず、
楽天の中の規律の波に逆らうことができずに、
しょうがなく流れに身を任せることしかできなくなります。

 

そして楽天にお金をつぎ込んで、
「せっかくここまでやってきたのだから・・・」と後ろ髪を引かれ、
いつまでも退店することに躊躇してしまいます。

 

もったいないと思ってしまい、
もう退店することができなくなってしまうのです。

 

これに似た行為を投資の世界では損切りと言います。

 

この損切りという判断ができないと
どんどん損が膨れ上がってしまい、
退店するタイミングを失ってしまいます。

 

あなたはクジラの流れについていく小魚と同じなのです。

 

これは

楽天、
アマゾン、
yahooショピング、
WOWMA

 

有名なハンドメイドマーケットで言えば、
creema
minne

 

など、すべてのECショッピングモールで
同じことが言えます。

 

この原理を理解しているかしていないかで、
今後のあなたのハンドメイド作家としての人生は
大きく変わっていくと言っても過言ではありません。

 

はっきり言ってしまうと、長い目で見た場合に
ECショッピングサイトで販売するという行為は
あなたの資産にはなりません。

 

ただし作品は売るという全体の流れを経験したり、
販売の勉強をするためなら話は別です。

 

ですが、
本気でそこにお金と時間を投じることはあなただけでなく、
周りの人も不幸にする可能性がある
ということを肝に銘じておいてください。

 

仮にECショッピングサイト側が
何かの原因で運営できなくなってしまった場合、
そこで販売している全ての作品や、
いままでの実績は全て消えてしまいます。

 

確かに短期間で見れば、
ECショッピングモールでは作品が売れる実感があります。

 

ですが、それだけです。
主導権はすべてECサイト側にあります。

 

ちなみに各ECショッピングモール、
特に楽天では手数料や広告費など計算に入れて、
およそ1割のお店しかプラス収支になっていないと言います。

 

結局一番稼いでいるのは
そのショッピングECサイトである
ということを認識しておいてください。

 

ときどき
『数年で年商1400万』といった広告を目にしますが、
これはあくまで『年商』です。

 

人件費や広告費、手数料などで
いったいどれほど削られているのか・・・
粗利はほとんどないと思ってください。

 

そしてここで一番大きいのは、
あなたの作品をECショッピングモール経由で
購入したお客さんについてです。

 

作品を購入したお客さんたちは、
ECショッピングモールのお客さんであって
あなたのお客さんではない
という事実です。

 

おそらくECショッピングモールで購入したお客さんに対して、
その後、直接メールを送るなどのアプローチができない、
もしくは禁止しているところが多くにしてあると思います。

 

ですが、もしあなたが独自で構築した
ホームページに来たお客さんであれば、
自由にアプローチしていけます。

 

これは後に詳しく説明していきますが、
バックエンドという販売方法で
とても重要になってきます。

 

この場合、構築には時間がかかり、
確かに売り上げが上がるのは遅いです。
ですが、これは間違いなく資産になります。

 

この概念は非常に大切で
今後、作品販売をしていく中でも
とても重要になってくると思います。

 

ぜひ覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました