あなたが人生でSNSに費やす時間は!?

こんにちは
大矢祥一です。

 

あなたは一日どれだけ、
SNSを見る時間に費やしていますか?

 

また、あなたはテレビやYouTubeに
どれだけの時間を費やしていますか?

 

休日は1日どれだけの時間ゴロゴロしていますか?

 

その時間を仮に月単位、年単位、10年単位で計算したら
一体どのくらいになるか考えたことがありますか?

 

一生で換算すると
人はSNSやインターネット、TVに約9年の時間を費やしている
と言います。

 

この数字を聞いてあなたはどのように感じますか?
長く感じましたか?
それとも短く感じましたか?

 

今回はSNSを頻繁に見ているというそんなあなたのために、
時間管理にとても関係のある「エネルギー」について
少しお話ししていきたいと思います。

 

今回のこの内容を読んでいただき、
これから生きていく上で
ぜひエネルギーという言葉を意識して生活してみてください。

 

エネルギーというと少しスピリチュアルに思われたり、
頭がおかしいと思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、僕たちの日々の生産性をあげ、
クオリティをあげるために必須なものです。

 

世の中はこのエネルギーが循環することによって成り立っています。

 

よくエネルギーというのは資源であり、
エネルギーには限りがあると昔から言われてます。

 

これは人間の持っているエネルギーも同じことです。
1日の中でエネルギーが生まれ、そして消費していきます。
無限には存在しません。

 

そして基本的に現代に生きる人々は
無意識にこのエネルギーの奪い合いをしています。

 

例えばSNSで他人が旅行に出かけたことや、
何かのイベントに出かけた記事がアップされているのをあなたが見たとします。

 

羨ましく思って「いいね」を押したり、
逆に妬んだり、アンチで嫌な気分になったりすることによって、
その人にエネルギーを奪われています。

 

逆に「いいね」をもらったりコメントをもらった本人は
その人たちからエネルギーを奪っているのです。

 

これがどういうことかというと
そこに感情が生まれるからです。

 

羨ましい、嫉妬、嬉しいなどの喜怒哀楽、
その感情によって人と人の間でエネルギーが行き来しています。

 

特に怒りという感情は
ものすごくエネルギーを消費してしまいます。

 

恋人や家族内でケンカすると
そのあとしばらく気力がなくなっていませんか?

 

要はSNSなどを見ることによって使わなくてもいい
無駄なエネルギーを消費していることになります。

 

本来、僕たちに1日のエネルギー量には限界があり、
そのエネルギーの一番多い時が朝です。

 

朝の時間帯が一番エネルギー量が多いMAXの時間帯なのです。
そこから徐々に消費していきます。

 

1日のエネルギーの使い方の上手な人は、
この朝の時間に一番大切な仕事をすることで
効率の良い流れを作ることができています。

 

長期的に続けていく必要のある
レバレッジのかかった習慣を朝に行なっていくことが
一番のポイントになります。

 

そしてエネルギーのなくなってくる午後から夕方にかけて
署用や雑務などを済ませるようにしていきます。

 

そんな貴重な朝の時間にSNSを見て感情を動かされて、
無駄エネルギーを使ってしまっては、
その後1日のパフォーマンスがもったいないくらいに下がってしまいます。

 

これほど時間が無駄なことはありません。

 

一日の中でエネルギーをどこで使うかこそが
成功するためにとても重要になってきます。

 

ここで周りとの差ができ、収入も大きく変わってくるのです。

 

これはLINEやメール、電話も同じことが言えます。
朝に大切なことをやることは、外部からの連絡が来にくい時間帯であり
集中力がという利点もあります。

 

家で仕事をする場合は、家族に邪魔が入りにく時間帯でもあるのです。

 

できればこれからは、
SNSやYouTube、テレビを見る時間を減らしてください。

 

現在では若い人たちのテレビ離れが始まり、
YouTubeが主となっています。

 

その影響で、YouTubeの広告の需要が以前と比べて劇的に増えています。

 

ちなみに
テレビの80%以上が宣伝
で成り立っています。

 

CMももちろん広告なのですが、
その他にも例えば、お昼のなんとかナンデスっていう番組であれば
あの番組内で紹介されているもの全てが宣伝です。

 

今〇〇のお店の〇〇が流行りです、
ここの〇〇の食べ物が美味しいです。
今流行のファッションはこの店に売っています。など・・・
全てが宣伝になっています。

 

そこでまた意識を逸らされ、
感情が揺さぶられています。

 

付き合いや、家庭環境もあると思いますので
完全に見るなとは言いませんが、
見る時間をできるだけ減らしてください。

 

ちなみに僕の自宅にはテレビがありませんので、
ここ3年ぐらいはテレビは見ていません。

 

YouTubeは信頼できる情報発信のものだけ見て、
他のものは一切見ないようにしています。

 

1日は24時間です。

 

24時間しかありません。

 

この24時間の積み重ねこそが
あなたの人生そのものなのです。

 

これは全世界中の人々共通です。

 

どんなにお金を持っている資産家でも
時間だけは得ることができないため、
最後には不老不死を願うと言います。

 

借金まみれの貧乏でも、
子供でも、大人でもそれは変わりません。
みんな同じなのです。

 

どれだけ無駄な時間を削って、
どれだけ大切なことに時間を割けるのか・・・
その時間をいかに有効に使うか。

 

これからはエネルギーという概念を踏まえた上で、
よく考えて行動するように心がけましょう。

 

以下に時間に関する偉人の方々の格言・名言をいくつか記しておきます。

 

これを読むことによって
あなたの人生が大きく変わるかもしれません。
ぜひ参考にしてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石の上にも三年という。
しかし、三年を一年で習得する努力を
怠ってはならない。
【松下幸之助】
日本の実業家、発明家、著述家、パナソニック創設者

 

この地上で過ごせる時間には限りがあります。
本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、
二つか三つくらいしかないのです。
【スティーブ・ジョブズ】
アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者

 

明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。
【マハトマ・ガンジー】
インドの弁護士、宗教家、政治指導者

 

人生とは
今日一日のことである。
【デール・カーネギー】
アメリカの作家

 

今日という一日は、
明日という日の
二日分の値打ちがある。
【ベンジャミン・フランクリン】
アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者

 

時間だけは神様が平等に与えて下さった。
これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、
うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。
【本田宗一郎】
日本の実業家、本田技研工業の創業者

 

たいていの成功者は
他人が時間を浪費している間に先へ進む。
これは私が長年、
この眼で見てきたことである。
【ヘンリー・フォード】
アメリカ合衆国の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者

 

僕たちは一年ごと、
一月ごと、一日ごとに齢を取っていく。
時々僕は自分が一時間ごとに
齢を取っていくような気さえする。
そして恐ろしいことに、
それは事実なのだ。
【村上春樹】
日本の小説家、文学翻訳家

 

時間こそは、
最もユニークで乏しい資源。
【ピーター・ドラッカー】
ユダヤ系オーストリア人経営学者

 

ぐずぐずしている間に、
人生は一気に過ぎ去っていく。
【セネカ】
ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人

 

普通の人々は時間をつぶすことに心を用い、
才能ある人間は時を利用することに心を用いる。
【ショーペンハウアー】
ドイツの哲学者

 

人間は現在がとても価値のあることを知らない。
ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、
いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じている。
【ゲーテ】
ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家

 

朝寝は時間の出費である。
しかもこれほど高価な出費は他にない。
【アンドリュー・カーネギー】
米国の実業家、鉄鋼王

 

一時間の浪費をなんとも思わない人は、
人生の価値をまだ発見してはいない。
【ダーウィン】
イギリスの自然科学者

 

時間の浪費ほど
大きな害はない。
【ミケランジェロ】
イタリア盛期ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人

 

人は多くの時間を無駄にしている。
誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、
実際には時間こそ限りある資源であり、
人はそれを上手に活用していない。
【ダニエル・カーネマン】
アメリカ合衆国の心理学者、行動経済学者

タイトルとURLをコピーしました