タイム・イズ・マネーの「嘘」!?

タイムイズマネーの嘘

こんにちは
大矢祥一(おおやしょういち)です。

 

あなたは毎日どのくらい
「探し物」
をしていますか?

 

テレビのリモコンどこにいった?
家のカギどこにいった?
スマホどこに置いたっけ?
財布がない!

 

人はこのような探し物に、
1日平均30分使っていると言われています。

 

年間で換算すると
150時間
に相当します。

 

これをサラリーマンの平均労働時間に換算すると
ほぼ一ヶ月探し物をしている計算になります。

 

これはもちろん目に見える物体を探すこともそうですが、
パソコン内のデータなどを探すことでも同じことが言えます。

 

普段の探し物なら数分なので大したことないと思われがちですが、
積み重ねると莫大な時間になってしまいます。

 

あなたにも思い当たる節はありませんか?

 

また、人間の寿命を80年とした時に
一生の中での時間配分を換算した平均データがあります。

 

まず睡眠に約28年

仕事に約10年と半年

SNSやインターネット、TVに約9年

通勤、通学に約1年4ヶ月

 

これらの時間を引くと
80年ある中、残りはたったの9年になってしまいます。

 

あなたが自由に使える時間はたったの9年です。

 

これは恐ろしい数字です。

 

今の現代で、一般に世間の人たちが
夢のために何かに取り組む際や、学ぶ際に、
よく耳にする言葉で

 

「僕に時間がないのは仕事がとにかく忙しいから」

「私に時間がないのは家事や子育てで忙しいから」

さらに「日常やプライベートのあらゆることで忙しすぎるから時間がない」

・・・と言う人が多いと思います。

 

そして、
その仕事や、家事、育児などが落ち着き、
時間に余裕ができたら、
これが終わったら、
本当にやりたいことをする時間が作れるんだ!

 

・・・と感じている人も
これまた多いと思います。

 

しかし、本当の真実はそこではなく、
ほとんどの人が時間がないと感じている理由は
時間を上手に使えていないからです。

 

この時間の使い方というのは
人生で教わることがない概念です。

 

つまり自分から時間の使い方を学びに行かないと
知ることができないということです。

 

なので時間がないと感じているのは
時間管理を学んでいないからなのです。

 

しっかりと時間管理を学んで実践して取り組んでいけば、
成功へかなりのショートカットができるようになります。

 

そもそも1日24時間という誰もが平等に与えられた時間の中で、
人がやっていることというのは、それほど大きな違いはありません。

 

とくに日本国内であれば、
仕事のスタイルや食生活もほとんど変わりはないので、
誰もが同じと考えてもよいです。

 

その中で成功する人、しない人で分かれるのは、
やはり時間の使い方によるものです。

 

なによりもまず、
時間術の勉強をすることこそが時間術
なのです。

 

今の現代では時代の流れがものすごく速くなっています。

 

そんな中で僕たちは
自らの手で時間を作り出していくしかありません。

 

時間が余ると感じる時は、
職を失うか、病で倒れるか、
定年を迎えるかしかありません。

 

いつもなんとなくでスマホゲームをしていませんか?

毎週、なんとなくどこかに飲みへ出かけていませんか?

 

時間は命であると考えてください。

 

時間を学ぶとは人生について学ぶことでもあります。

 

冒頭にお話しましたが、
物を探すという行為も

を削って物を探しているということです。

 

今あなたは五体満足で健康なので
あまり気にならないかもしれませんが、
もしも何か病気にかかったりしたら、
その重みに気づくかもしれません。

 

もしあなたが余命を宣告されたなら
きっと考え方が変わるはずです。

 

考え方どころか行動が変わってくるはずです。

 

そして生き方自体も変わってくるのです。

 

そして今の時代に一番時間の無駄遣いをしている原因が
スマートフォンであることは間違いありません。

 

現代人はほぼ中毒といっていいほどにずっと見ています。

 

僕のスマートフォンは基本的に
音もバイブも一切鳴らないよう無音にしています。

 

さらにブログを書いているなど、何か作業をしている時は
画面が見えないよう遮るようにしています。

 

着信で画面が光ったりすると
それだけで集中力が途切れてしまうからです。

 

仮に緊急の連絡があったとしても作業をしている時だけで
最長でも数時間だけなので問題ありません。

 

本当に緊急の場合は、
相手がどうにかして会いに来たりしてくれます。

 

余談ですが、常にスマホを気にしている人は、
その場その場を満喫したり楽しむことができないため、
幸福感を得ることができないというデータも出ています。

 

昔はよく「時は金なり」と言ったり
タイムイズマネーという言葉がありましたが

 

最近では「時間は命」
タイムイズライフと言う方が増えてきています。

 

お金は取り返せますが
時間は取り返すことができません。

 

ここでお金と時間
どちらが大切か比べてみてください。

 

例えば、仮にあなたの口座に
毎日86400ドル、
日本円にして約900万円が勝手に振り込まれるとします。

 

そのお金は自由に使えます。

 

ですが、もし使いきれなかったとしたら翌日には持ち越せません。
つまり残った分は消えてしまうとします。

 

この場合、
おそらくあなたは全てのお金を
使い切ろうと必死になるはずです。

 

ですが現実には、
同じようにあなたには
86400秒、つまり24時間
が毎日与えられています。

 

当然、先ほどの86400ドルのお金同様
翌日には持ち越せません。

 

86400ドルの場合であれば
全てのお金を使い切ろうと必死になるのに、

 

ほとんどの人は、86400秒という時間を
必死で使い切ろうとしていないです。

 

もしあなたの財布からお金を取る人がいれば怒り狂うはずです。

 

それが親しい人でも怒るはずです。

 

ですが、誰から電話、LINE、飲み会などに誘われても
怒り狂うことはないはずです。

 

先ほども書きましたが
失ったお金は取り戻せますが
失った時間は取り戻せません。

 

そしてお金は貯めることができますが
時間は貯めることができません。

 

もしこの話を聞いて少しでもピンッと来るのであれば、
もう一度あなたの時間の使い方を見直してみてください。

 

追伸・・・
ただし、ここで一つ注意してもらいたいことがあります。

 

この概念を知ることで自己中心的になり、
逆に心が荒立ってしまう可能性があるということです。

 

あまりに時間にシビアになりすぎて、
人付き合いに影響したり、
孤独を感じるようになったり、
幸福感を感じれないようになってしまうという人もいます。

 

また、他人のことは関係ないとか
自分のことばかり考えすぎて
他人に優しくできなくなってしまうかもしれません。

 

それでは本末転倒です。

 

この概念を知る本当の目的は
あなたが幸せになることです。

 

結局のところ、、、
「人間関係」・「お金」・「時間」
そして、「心」がうまく調和するよう調整していくことが
真の幸せと言えるのだと僕は思います。

タイトルとURLをコピーしました