副業か?本業か?

副業か?本業か?
こんにちは
大矢祥一(おおやしょういち)です。

 

僕たちハンドメイド作家さんの中には
本業のお仕事をしながら、
副業で制作している方もいれば、

 

ある程度収入が安定してきて、
ハンドメイド作家を本業としている方も
中にはいらっしゃるかと思います。

 

僕も本業を続けながらハンドメイドジュエリーの
デザイナー兼、クリエイターを続けていました。

 

どちらがいいという答えはありませんが、
それぞれにメリット、デメリットがありますし、
リスクもあります。

 

今回はそのリスクについてお話したいと思います。

 

ミシガン大学の心理学者クラムド・クームスという方が提唱する
リスクの「ポートフォリオ」という概念があります。

 

この「ポートフォリオ」とは投資の世界をはじめ、
様々な分野で用いられる言葉です。

 

ここではリスク管理として認識してもらうと
分かりやすいと思います。

 

投資の世界ではリスクについてよく、
「卵」と「かご」の話に例えられます。

 

卵を1つのかごに入れてしまうと、
そのかごが落ちたときに
すべての卵が割れてしまいます。

 

ですが、1つずつ違うかごに入れておけば、
たとえ1つのかごを落としてしまっても、
もう一つのカゴに入っていた卵は安全です。

 

このように、資産家もみずからの資産を
さまざまな種類の金融作品に分けて投資することで、
リスクヘッジ(リスクの回避)を図っているのです。

 

そして、あらゆる起業家は
一見リスクをとっているように見えますが、
成功するまで徹底的に
リスクを回避していたというのです。

 

例えば副業をしている方の場合です。

 

副業でリスクがある行動をとろうとした時、
本業では慎重になることによって
全体的なリスクのバランスをとり、
精神的な安定を図るといったやり方です。

 

もしあなたがハンドメイド作家を副業としていて、
まだ収入の安定がしていない場合は
本業で確実な行動をとることをオススメします。

 

それは精神的、金銭的の両方の安定を得て、
副業のパフォーマンスが上がるとされているからです。

 

かの有名なGoogleの創設者、
ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの2人も、
Googleを立ち上げるまでは、
この方法を取り入れていたと言います。

 

Appleの共同創設者のスティーブ・ウォズニアックや、
Microsoftのビル・ゲイツでさえも同様にです。

 

逆に失敗している起業家ほど
一発勝負のギャンブル
的な考え方をしていて、
リスクを多くとっていると言います。

 

ですので、

 

たとえ少しの収入が入って来るようになったとしても、
安定するまでは本業を大切にして、
嫌いな上司やムカつく先輩がいたとしても、
気に入らない仕事を任されているとしても

 

今の本業を辞めてしまうのは、
やはりお勧めできません。

 

恥ずかしながら僕も昔、
ハンドメイドのデザイナーとして食べていくと決心した当初、
長く務めた会社を辞めました。

 

しかしその後しばらくは、
とても辛い日々が続きました。

 

せめて、ハンドメイド作家としての収入が、
本業の収入の2倍になり、
その収入が3ヶ月間続くまでは
辞めるのはオススメしません。

 

自分だけならまだしも、
あなたの大切な人
まで巻き込んで
苦労させることになってしまいかねません。

 

後悔しないよう、
よく考えてから決断するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました