固定ページでプライバシーポリシーのページを作る(プライバシーポリシーの文章例あり)WordPressの初期設定

この記事では、固定ページに【プライバシーポリシーページ】を作る手順について解説します。

【プライバシーポリシーページ】では、「このサイトがどのようなポリシーを持って閲覧者のプライバシーを守る」という文言を載せます。たとえ個人ブログであっても必須のページです。

プライバシーポリシーページの作り方

まずは、ダッシュボードから「固定ページ」の「新規追加」をクリックします。

そして、タイトルには「プライバシー・ポリシー」と入力します。

パーマリンクが日本語になっているので、英語で「privacypolicy」と入力します。

次に本文に関しては、今回基本的な雛形を用意しましたので、ご利用になりたい方はお好きなように編集して使ってみてください。(このような文言にも一応は著作権があると言われていますが、どのサイトにもあまり変わったことは書いていません。)

プライバシーポリシー

1、情報の取得

当サイトでは、Googleを含む第三者配信事業者がCookieを使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google広告Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユー ザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウトページでGoogle広告Cookieを使用しないよう設定できます。

当サイトでは、場合により次の二つの方法でユーザーの情報を取得しています。

[登録(Registrations)]

当サイトでは、一部のコンテンツについて、ユーザー名やメールアドレスなどをご登録いただく場合があります。これらの情報は、サービスご利用時に、ご利用者の確認・照会のために使用されます。

[クッキー(Cookies)]

当サイトでは、一部のコンテンツについて、情報の収集にクッキーを使用しています。クッキーは、ユーザーがサイトを訪れた際に、そのユーザーのコン ピュータ内に記録されます。ただし、記録される情報には、ユーザー名やメールアドレスなど、個人を特定するものは一切含まれません。

また、当サイトでは、ユーザーの方々がどのようなサービスに興味をお持ちなのかを分析したり、ウェブ上での効果的な広告の配信のためにこれらを利用 させていただく場合があります。もしこうしたクッキーを利用した情報収集に抵抗をお感じでしたら、ご使用のブラウザでクッキーの受け入れ拒否に設定をする ことも可能です。ただし、その際はコンテンツによってはサービスが正しく機能しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

2、情報の利用

一部のコンテンツでご登録いただいた情報は、当サイトでの、より魅力的で価値のあるサービスの開発・提供のために利用されます。当サイト情報サイト では、ユーザー本人の許可なく第三者に個人情報を開示いたしません。また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開 示いたしません。

3、情報の共有

ユーザーご自身が登録した本人を同一の個人と確認できる情報は、当サイトのほかの個人向けサービスをご利用になる際に、以前に氏名等をご記入された ことがあることをお知らせするために、当サイトとそのネットワークの中で共有される場合があります。もちろん、これらの個人情報を、当サイトのパートナー として承認されていない個人・団体などに意図的に開示することは決してありません。

4、コミュニティにおける注意事項

当サイトでは、ユーザーの皆さまによって登録された個人情報の保護に細心の注意を払っています。ただし、掲示板をはじめとするコミュニティなど、ほかのユーザーが閲覧できるサービス上にユーザー本人が自発的に個人情報を登録された場合、意図しない利用がなされる可能性があることに十分ご留意ください。

このように、当サイトが用意した個人情報の登録箇所以外の場所において登録された情報は、個人情報の保護の対象外となり、ユーザーご自身の責任となりますので、あらかじめご了承ください。

ここまで編集したら、一旦「プレビュー」をクリックしてページを確認しましょう。

問題なければ「公開」をクリックして公開し、固定ページ一覧から「表示」をクリックして実際のページを確認してみましょう。

なお、今回紹介したプライバシーポリシーの内容は最低限必要な文言になりますので、もし今後運用していく中で変更点があれば都度編集していってください。

これでプライバシーポリシーのページ作成は以上です。

WordPressを使いこなそう

本ブログでは、WordPressを立ち上げる方法から運用の手引きまで解説しています。

プライバシーポリシーページ以外にも、最低限必要な固定ページの作成方法も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。当ブログが少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

固定ページ作成についての記事一覧

WordPress固定ページの概要

WordPressの初期設定【固定ページと投稿ページの違い】最低限必要な固定ページの紹介
この記事では、「固定ページと投稿ページの違い」を解説し、固定ページとして最低限必要な4つのページ作成方法をご紹介します。作成するページは、【お問い合わせフォーム】【サイトマップ】【運営者情報】【プライバシーポリシー】。この...

1、運営者情報ページを作る方法

運営者情報(プロフィール)ページを固定ページでサクッ!と作成してnoindexする【WordPressの初期設定  】
この記事では、固定ページに「運営者情報」を記載したプロフィールページを作る手順について解説します。まずダッシュボードから、サイドメニューの「固定ページ」→「新規追加」を選択します。新規作成ペ...

2、プライバシーポリシーのページを作る方法(文章例あり)

固定ページでプライバシーポリシーのページを作る(プライバシーポリシーの文章例あり)WordPressの初期設定
この記事では、固定ページに【プライバシーポリシーページ】を作る手順について解説します。【プライバシーポリシーページ】では、「このサイトがどのようなポリシーを持って閲覧者のプライバシーを守る」という文言を載せます。たとえ個人...

3、お問い合わせページを作る

・お問い合わせフォームの作り方

WordPressでお問い合わせフォームを作る5ステップ《Contact Form 7》WordPressの初期設定【固定ページ】
この記事では、プラグインの《Contact Form 7》を使って、固定ページに「お問い合わせフォーム」を記載したページを作る手順について解説します。今回は、読者に入力してもらうための【フォームの設定】、読者から問い合わせ...

・GOOGLEフォームでお問い合わせフォームを作る方法

Googleフォームの作り方とWordPressに連携する方法【WordPressの初期設定】
この記事では、Googleフォームを作ってWordPressと連携させる方法について解説していきます。GoogleへログインまずはGoogleのトップ画面にアクセスしてログインをします。お客...

4、サイトマップを作る

固定ページでサイトマップを作る手順 WordPressの初期設定
この記事では、固定ページに「サイトマップ」を作る手順について解説します。下記画像がサイトマップのイメージ図になります。このサイトはWEB関連のブログとなっていて、例えば真ん中の列に注目してみると、「HP制作...
タイトルとURLをコピーしました